ようこそジャポンへ

昨日は、面白い出会いがあり実りの多き日でした。
昼前に母と「何を食べよう。」と話をしていると
初老のアメリカ人男性がいらして、何でも老眼鏡変わりのアンティークのルーペペンダント
のレンズを新しくして欲しいとの事。
父がレンズを取り替えている間に、私達は彼と旅の話や映画の話をしました。
彼は、日本の文化(特におやじギャグ)に本当に詳しかった。
ユーモア100%の人柄に、私はホッとして心が軽くなった。
きっと小津安二郎の東京物語を観て心動かされ日本に来たのだ。
今の日本にはない古き良き日本に憧れたんだろう。
旅の話に戻り、「今まで住んだ場所で一番のお気に入りは?」と聞くと
「Paris」と答えてくれた。
私は、「お洒落な街だね!」と行った事もないけど答えてしまう。
相変わらず適当な返事だけど、きっとお洒落な国だと思うから。
しばらく雑談をし男性が帰った後。

今度は、笑顔がキュートなフランス人女性が家族を連れて来てくれた。
彼女の依頼はメガネフレームの広がりを治す事。
これまた、適当な酷い片言のフランス語で話かけるととても喜んでくれるから嬉しくなった。
bonjoirと言ったのは本当に久しぶり、改めてボンジュールやメルスィーという
言葉の響きはとても美しい思う。
彼女達は、パリに住んでいて3週間の休暇を利用して日本を回っているそう。
とても楽しんでいるようにも見えたし疲れているようにも見えた。
冷たい麦茶を出すと、「これはモロカンスタイルだね!」と喜んでくれる。
喜んでくれると私も嬉しくなる。
言葉が的確に通じ合う間柄では無いけど、
何かが通じている。
彼女達との時間が楽しくて嬉しくて
もう少し一緒にいたいなと思ったけど、スケジュールを邪魔してはいけないと思い、
「Bon voyage」と「A bientot」と言いさよならをした。
その後、しばらくして名前を聞けば良かったと思っていると、彼女が戻って来て
メールアドレスを教え自己紹介をしてくれる。
私も同じ事をした後、ここまできたら彼女達家族を宿まで送り届けたいと思い車を出した。
なぜ親切をしたいかと言えば、私は旅先で色々な人に親切にしてもらう。
だから、恩返しの気持ちで自分なりの優しさを旅人に伝えるのだ。
(エゴかもしれないけど。)
宿までの短い道のり、私の大好きなマリオン・コティリアールの話をしたり、
エッフェル塔の話を聞いた、何でも冬のエッフェル塔が一番美しいらしい。
素直に冬のパリの空気を味わいたいと感じる。

芸術の都パリはきっと素敵な街。
でも、フローレンスと会わなければパリに行ってみたいとは思わなかった。
これもなにかのご縁。
いつかきっとパリに行く事でしょう。

A bientot Florence
[PR]

by t7moko | 2013-07-30 22:54

眺めていたい景色

ポーランドのポズナンで行われるランタン祭り。
なんて!なんて!美しいのでしょう。
ラプンツェルを観た事がある人ならこの光景に見覚えがあるはず。



あと、「風の谷のナウシカ」の舞台となっているパキスタンのフンザの渓谷も眺めてみたい。
年々行きたい場所が増えるばかり。

私の行きたい場所は、先進国にはない昔からの伝統や風習が残っている場所。
時間がゆっくりゆっくりと流れている土地。
[PR]

by t7moko | 2013-07-28 23:39

The piano guys

good!


[PR]

by t7moko | 2013-07-25 23:10

少し未来への自分に贈り物

twiggyで髪を綺麗にした後、
イエロートパーズのピアスを探しながらウィンドウショッピングをした。
イメージ通りの物は無かった。
けれど、フランス製の手刺繍を全面に施したバッグの色の存在感と美しさに感動して
迷ったあげく購入した。
でも、色味や素材感からして今の季節には合わない。
少し未来の自分への贈り物。
本当は手に取って眺めていたいけど、
ショッピングバックから取り出す事も無くそのままクローゼットに
わざとしまってある。楽しみはとっておきたいから。

帰り道、スタッフさんから頂いたフリーペーパーを何気なく読んでみる。
特集は、「旅に出よう」恋するように自分と出会う。
いかにも私が食いつく内容にドキっとする。
その中の一文に、旅についてこう書かれてあった。

旅とは「命ある素材と交差すること」ではないかと。
人生においてあるものと交差する際、その多くは人生を変える意味を持つ。
人生を変える、というと大げさに聞こえるかもしれないが、髪型や話し方のような小さな影響から、
その人の考え方そのものを変えてしまうほどの大きな影響まで、「旅」という言葉には
自身をトランスフォームさせる様々な影響がある。

そして

一人旅は「小説」のよう。
それは完全に一人きりの世界であり、あまりに多くの出来事や出会いが巻き起こる、
まさに小説を体験するような旅。

私にとって旅は新しい価値観を見つけること。
次の旅はどこへ行こうと思うだけで嬉しくなる。
カソルラへ行く前にどこの国を経由しよう?

そう Jordan





Petra





loney planet jordan



[PR]

by t7moko | 2013-07-22 23:47

命をいただくという事

d0333111_23305267.jpg


一時、スーパマーケットに売られているお肉を食べられなくなった時がある。
贅沢な話だけど仕方の無い事。
理由は悲しくなったから。
2年くらい前に犠牲際というイスラム教の行事に参加する機会があった。
一家で一頭の羊を買い、その家の一番偉い男性が羊を屠殺する。
屠殺される前の羊の声は言葉では表現出来ない。
屠殺する前に羊が苦しまないようにナイフの刃をよく研ぎ祈りを捧げた後に首にナイフを入れる。
初めてその光景を見る人は気絶寸前になる事がよくあるようだけど、
私は、怖がる子供達に身体中を引っ張り回されながらじっと見ていた。
怖いとか気持ちが悪いという感覚は全くなくて、これが命を頂くって事なんだ。
食べ方にも作法があり、ビスミッラーと言った後にまず内蔵から食べそれから肉、頭を食べる。


d0333111_012552.jpg


貧しい人達にも肉を分け、皮は絨毯等に使う。


d0333111_0273224.jpg




全く命に無駄が無い。
そして本当に美味しい。
先進国で食べられる食肉の動物達の殆どが、流れ作業の中で一瞬の間に肉になって行く。
飽食の日本やその他の国でも毎日食べずに捨てられる命がどれだけ存在するのか。
自分を含めて、もっと食べるという事に意識を向ける事がとても大事だと思う。
犠牲になっている命があるのだから。



d0333111_026378.jpg

[PR]

by t7moko | 2013-07-19 00:06

色気のある音

横になる前にロマンチックな気分になりたい時がある。

身体だけじゃなくて心も静かにしたいから。

先日、リクエストしたmix cdの音楽は主にアルゼンチンのアーティストの物で、

これがとっても良かった。

情緒的な感じからヒーリング音楽まで入っていて、

アーティスト名を知りたくてネットサーフィンをしていたら、

RhyeのOPENという曲を見つけたの。

まさに私のツボのツボ。

すぐにロマンティクな世界に連れ出してくれる。



Rhye fall


[PR]

by t7moko | 2013-07-15 22:09

好きな音

私は、雨の音が大好き。

とくに、空から降る雨が水面に着水する音はとても美しい。

雨上がりの水たまり、こどもがパシャパシャと音を立てる。

こんな軽い音も心地よくて好き。

電話越しから聞こえるグラスに水を注ぐ音も好き。

Patrick Watsonの歌声も好き。

小さな街に響くファジュルのアザーンの音も心地いい。

異国の街の喧騒音さえも欲しくなる時がある。

私にとって音はスパイスみたいなモノ。

一種の音で一瞬の旅もできるんだよ。



[PR]

by t7moko | 2013-07-14 15:17