In Jordan part 2

先日のつづきを

ママの家を後にした後、念願のバイナイトを見ようとペトラのチケット売り場へ

しかし、、日曜日の夜はやっていないと言う事で、完全に下調べミス。

でも18時までペトラを散策できるというので、シークを歩きエルハズネを見に行きました。

高くそびえ立つ岩山の割れ目の細い道をシークというのだけど、

その道をラクダが歩き、馬が走り、観光客を乗せた馬車が走る。

子供がタバコをくわえながらロバに乗っている姿は笑えたな。。

とにかくペトラに限らずヨルダンは喫煙率が高い。

それに水タバコなんかも家族で回し吸いしている光景は面白いカルチャーショックだった。

静かにゆっくりシークを歩きたいと思っても、

馬に乗った底抜けに明るくしつこい兄さん達の勧誘が凄い。。

さてさて、ペトラについての簡単な説明を。

ここは自然の要害であり、紀元前1世紀頃から古代ナバテア人の有力都市として
栄えていたそうです。
ちなみにナバテア人の前はエドム人という人達が居住していました。
西にガザ、北にダマスカス、紅海にも近くて、昔は中東で人や物の行き交う要衝の場所でした。
ナバテア人の首都であり、砂漠を移動していたキャラバン隊の中継基地でもありました。
スパイス交易の拠点機能と治水システム。
完全な岩礁地帯のため農業にはもちろん向いていません。
ナバテア人は、ダムを作って鉄砲水を防いで水道管を通して給水設備も作り上げていた程に
高度な生活をしていました。
大学や裁判所やシアターも存在していました。

古代の歴史を感じながら、神秘的でそこにいるだけでワクワクする。

この場所にいるだけで嬉しくなる。

エルハズネの神殿を見たときは魂が静かに震えました。

d0333111_2155032.jpg


d0333111_2161615.jpg


d0333111_2164470.jpg


d0333111_2175424.jpg


d0333111_2130511.jpg


d0333111_2175486.jpg


d0333111_2185951.jpg


d0333111_2184840.jpg

[PR]

by t7moko | 2013-11-14 21:15